News お知らせ

豚、馬以外のプラセンタについて(牛、羊など)

いつも株式会社雪花堂のオフィシャルサイトにお越しくださり、ありがとうございます。

現在、日本国内で製造されている哺乳類のプラセンタ原料は、馬と豚の2つだけです。
(なお、植物は胎盤ではなく胎座であり、魚は胎盤でも胎座でもありません)
この点、哺乳類であり食用でもあるのに、牛と羊のプラセンタ原料が国内で製造されていないことに疑問を感じられる方もいらっしゃると思いますが、実は牛と羊の胎盤は、同じ理由で使用が禁止されています。

牛の胎盤が利用禁止になったのは、狂牛病の病原体であるプリオンという異常な変性たんぱく質の体内蓄積を予防するためでした。周知の通り、プリオンは加熱しても酸で処理しても病原体として感染力を失わないという恐ろしいものです。牛肉が普通に食卓に並んでいるのは、食肉として流通する前に、プリオンの蓄積が大きい「特定危険部位」という部位を取り除いているからであり、この「特定危険部位」には胎盤が含まれています。
このような「特定危険部位」の除去に関し、羊やヤギでも、ほぼ同じ処理が義務付けられています。「羊」の場合、狂牛病ではなく「スクレイピー」という病気で、狂牛病と同様、異常な変性たんぱく質プリオンが脳に蓄積することで起こります。日本でも発症している例が報告されています。

発症すると治療方法がない狂牛病やスクレイピーについて、日本政府としては感染を防止するために、厳しい規制をするしか予防方法がないと考えているものと思われます。その結果、日本国内では牛と羊の胎盤を用いた製品の製造ができなくなっています。

現在流通している羊のプラセンタについて、海外で製造されて日本に輸入されたものです。販売している会社も、原料の質や製品の製造工程を正確に把握していることはないので、リスクの高い製品だと思われます。今どのようなプラセンタを選ぶか、良い商品がないかお探しの皆様には、ぜひ、豚または馬のプラセンタを選んでいただきたいと切に願います。

株式会社雪花堂オフィシャルページTOPへ